エアコン

お掃除されないお掃除機能付エアコン

こんにちは!七井新聞店まごころサポートです。

今回は、お掃除されないお掃除機能付エアコンというお話をします。

お掃除機能付エアコンは完全に掃除されない

 

今回、なぜこの話をするか?ですが、それは、あなたに真実を伝えたいからです。

私たちが、エアコンの内部洗浄をやる中で、お客様からこんな声をよくいただきます。

 

それは、、、

お掃除機能付エアコンって、掃除されないよね…

 

お客様からすると「お掃除機能付エアコン」=「お掃除いらずのエアコン」だと思い込みます。

しかし、現実は違うんです。

 

完全にお掃除されていないというのが、お掃除機能付エアコンの現状です。

なぜなら、私たち、まごころサポートに、内部洗浄の依頼が来るのが、何よりの証拠です!!

 

では、私たちが、実際に作業したお掃除機能付エアコンの汚れを見てください。

「お掃除機能付エアコン作業前」

 

「アルミフィンに洗剤を付けました」

 

汚れています…

ですが、画像で見ると、「あー汚れてるねー」位にしか思いません。

 

次の動画を見たら、どれだけ汚れてるのかが、一目で分かります。

もし、このエアコンの前で、ご飯を食べてたかと思うと、イヤになりますよ。

「黒い液体が出てます」

 

いかがでしょうか?

これが、お掃除機能付エアコンの実態です。

 

やはり、お掃除機能付エアコンとはいえ、フィルターのお掃除だけでは、解決されないのです。

では、これから、お掃除機能付エアコンが出回っている理由をあなただけに暴露します。

高額なお掃除機能付エアコンを売る家電量販店

 

では、なぜ、高額なお掃除機能付エアコンを家電量販店が売るのか?というと、単純に、家電量販店が儲かるからです。

次に、お話することを何となく、頭の中でイメージしてみてください。

 

では、お話します。

 

それは、お客様が次回エアコンを買ってくれる期間が長いからです。

これが、家電量販店が、お掃除機付エアコンを売り込む理由です。

 

ご理解いただけますか?

エアコンって、よっぽどのことがない限り、15年~20年位使えます。

 

つまり、家電量販店からすると、「15年~20年の間はお客様がエアコンを買ってくれない」わけです。

 

「15~20年間の間は、お客様がエアコンを買ってくれない…」

なので、高額なエアコンをゴリ押ししますよね。

 

特に、お金を持っている高齢層は、専門用語を並べられたら、訳が分かりません。

とりあえず、家電量販店の店員さんの言うことが正しいと思って、高額なお掃除機能付エアコンを買ってしまいます。

 

でも、実際は完全にお掃除されないわけですから、ヤツらは詐欺に近いです。

なので、このブログを読んでいるあなただけには、正しい知識を得て欲しいです。

 

これを言ってしまうと、電気屋さんとか家電量販店に怒られるかもしれません。

ですが、そんなこと、どうでもいいんです。

 

ちなみに、私は電気屋さんとか家電量販店が嫌いなわけではないです。

こういったことに、単純に腹が立っているだけです。

 

あと、電気屋さんの営業妨害をしてるわけではないです。

エアコンにも寿命があるので、その時は、電気屋さんでエアコンを買ってください。

当店がご提案するエアコンの買い方とメンテナンス

 

で、当店でご提案する方法は、10万円以内の普通のタイプのエアコンを買う事です。

そして、最低でも5年に一回は、内部洗浄しておくのがおすすめです。

 

そうすると、20年単位でみると、エアコン本体とメンテナンス代が安くなります。

そして、エアコン自体は、定期的に内部洗浄してるから、キレイな状態が継続されます。

 

10万円以内のエアコンを買い、5年に1回の内部洗浄して、20年で4回の内部洗浄をしたとします。

内部洗浄の値段が13000円なら、13000円×4回=52000円で済みます。

 

20年間で、エアコン本体10万円+内部洗浄の値段52000円で、支出合計が約15万円です。

 

もし、20万円のお掃除機能付を買ってしまった場合、10数年後に汚いことが発覚します。

そして、さらに、エアコンの内部洗浄を頼んだら、20年間で支出合計が、21万円以上、かかります。

 

要するに、高額なお掃除機能付エアコンは、「高い割に、継続的にキレイにならない」のです!!

それなら、10万円以内のエアコンを買って、定期的にキレイにしていたほうが、安いし、エアコンをキレイに保てます。

おすすめエアコン

ちなみにエアコンは、ダイキンさんのエアコンがおすすめです。

 

なぜかというと、会社の天井エアコンが、ダイキンさんのエアコン率が高いからです。

つまり、「会社でも使っている性能が良いエアコン」=「ダイキンのエアコン」というわけです。

 

知り合いの住宅メーカーの営業マンも、ダイキンさんのエアコンをお勧めしていたので、間違いありません。

 

ということで、営業トークに騙されずに、正しい知識を持っていきましょう!

これからも、七井新聞店まごころサポートをよろしくお願いいたします。