エアコン

壊れていないエアコンを交換する電気屋

こんにちは!七井新聞店まごころサポートです。

今回は、壊れていないエアコンを交換する電気屋というお話をします。

壊れていないエアコンを交換する電気屋

 

何の話ですか?ということですが、今回も、私は怒ってます。

何に怒っているのか?というと、タイトルの通りです。

 

夏に冷房を使い始めると、気になるのが、エアコンの効きの悪さです。

全くエアコンの効きが悪いとなると、一般的には、エアコンの交換を考えます。

 

では、交換時期を迎えるエアコンは、どんな症状が出るのでしょうか?

エアコンの寿命のサイン

  • 室外機が動作しない
  • ガス漏れ
  • 本体が動作しない

上記の理由は、エアコンの交換時期と言われています。

交換時期というのは、エアコンの寿命が来ているという意味でもあります。

 

しかし、中には、本当の故障じゃないことがあるんです。

 

結論を言うと、内部洗浄すれば、あと数年もしくは、10年くらい長持ちすることだってあります。

 

ですが、電気屋さんに相談してしまうと、エアコンの交換を勧められるのです。

では、電気屋さんは、どんなトークをして、エアコンの交換を勧めているのでしょうか?

お客様 「最近、エアコンの効きが悪いんだけど…」

電気屋 「エアコンの標準使用期間は約10年ですからね…」

電気屋 「もう、そろそろ寿命ですよ。」

ここで注目したいのが、エアコンの標準使用期間です。

 

エアコンの標準使用期間は、本体購入後約8~10年の機種が多いです。

※メーカーによって、標準使用期間は異なります。

 

この標準使用期間というのは、万が一、壊れた場合、メーカーが無償で修理してくれる期間のことを言います。

つまり、標準使用期間が過ぎると、修理代がかかるという仕組みです。

 

それで、電気屋さんに相談すると、、、

「修理代払うなら、エアコンを買ったほうが安いですよ。」という電気屋さんのセールストークが始まります。

 

では、なぜ、電気屋さんがエアコンの交換を勧めるのかというと、エアコンの内部洗浄をやるより、エアコンを交換するほうが儲かるからです。

また、電気屋さん自身が、エアコンの内部洗浄をやっていないです。

 

しかし、私が現場で見る限り、エアコンの内部がキレイに掃除されてれば、20年以上は現役で使えます。

つまり、エアコンの寿命は来てないのです。ただ、エアコン内部が汚れてるだけです。

 

私は、これに怒ってます。

「エアコンが売れれば、それでいいのか」って。

 

もちろん、電気屋さんも商売だから仕方ありません。

でも、壊れていないエアコンを交換するわけですから、奴らはウソつきです。

 

結局、私は、何が言いたいのかというと、長期的な視点でアドバイスすること。

このことが、お客さんと信頼を構築できると思っています。

 

SNSが普及した今、もうお客さんを騙すことはできません。

むしろ、お客さんのほうが賢いですからね。

 

これを知ったあなたは、正しい知識を得ることが出来ました。

なので、間違っても、壊れていないエアコンを交換しないでください。

 

エアコンは寿命が来る時まで、使えます。

ということで、今後とも七井新聞店まごころサポートをよろしくお願いいたします。